愛され習慣講座~理論編~のご感想

《ご感想をいただきましたお客さまへ》
お忙しいところ、ご感想をいただきまして、ありがとうございました。


夫が理解できない行動をとった時こそ、夫を理解するチャンスなのかも、とお話を聞いて思いました。

「どうしてそういうことをするんだろう?」

と興味を持つことが、会話につながっていくように感じます。

子どもが産まれる前にこのお話を聞けてよかったです。

これから子ども中心になるであろう生活の中で、どう夫と関わっていくか、たくさんヒントをもらいました。

どちらかというと性格が私の方が男性っぽく、夫の方が女性っぽいところがある我が家ですが、

もっと夫を頼りにしてもいいんだな、と納得しました。

一緒にいると、つい短所が気になって、いろいろ口出ししたくなるけれど、

その口は閉じて、夫の喜ぶ言葉を伝えるのに使いたいと思います。

あと、上手に自分の気持ちを伝える話し方ができるように工夫してみます。

今日は本当にありがとうございました。

(30代 Tさま)

・・・私よりダンナの方が仕事量が少ないんです。

なので、過去を振り返ってみても、ダンナが不機嫌になったり、他の女性に走っている時は、 

決まって私の仕事が忙しい時でした。

出勤は、私の方が早く、帰宅は、私の方が遅い。

ダンナに「お前は男だ」と言われた事があります。

「私は仕事人間になりたいと思った事は、一度もない」とその時言った記憶があります。

・・・

「私はできる事は全てやっている!」

と思いがちなのですが、それは相手にとって十分かどうかは、全く別次元の話なのだということがよく分かりました。

今までは波風立てぬよう・・・と思ってなるべく接しないようにしていたのですが、

少しずつ、講座で学んだことをやってみようと思いました。

相手に裏切られている、という負の感情がなかなか厄介で、それを処理するのが大変なのですが、

目をつむって頑張ってみます!

(40代 Kさま)

旦那さんの言い方でキツク感じることが多かったのですが、

伝わりやすいように言っているだけなのかも?

と思えるようになりました。

講座を受講して、批判が多く感じる原因を、確認することができました。

前向きになれそうです。

甘えるのが上手にできないので、もっと頼りにしたいと思います。

今度、旦那さんにエプロンを選んでもらおうと思いました。

自分がカギを握っているということを、心にとめておきます。

ありがとうございました。

(30代 Aさま)